寺院データの管理方法は?

お寺でのデータ管理は万全ですか。檀家名簿管理、過去帳管理、いずれもお寺の記帳な財産です寺院での個人情報管理は、まだまだ対策がなされていないところが多いのも現実です。歴史が古い寺院であれば、明治より以前の過去帳情報もあるでしょう。もちろん、過去帳、戒名情報は紙媒体で保管することも大切です。しかしそれだけでは、大切な寺院情報を守ることができません。実際、火災や盗難で過去帳を失ってしまった寺院もございます。最近では、パソコンを利用できる住職も増え、檀家名簿や過去帳も「エクセル」などに入力し管理している寺院もございます。そのデータをパソコン内に保存、または外部メモリUSBなどに保存、いずれも完璧に情報を護っているわけではありません。ハードディス破損、USB破損、パソコン、USB自体の盗難という可能性もあるからです。また、利便性という面では紙媒体とデジタル管理だとしても、管理するだけであれば問題ありません、それを活用するとなるとエクセルでは対応しきれないのが事実です。しかし、そこに気づいていない住職も多く、非効率的な作業で苦労している寺院が多いと言えます。

管理ソフトを利用する時代ではありません

お寺まもる君はクラウド型檀家管理システムです 過去帳を盗難天災火事から守る、檀家名簿過去帳管理システム

檀家管理ソフト(ダウンロードして利用するもの)など、様々な種類がございます。当社が寺院専門サポートとしてお手伝いしている寺院でも、寺院管理ソフトなど利用されている寺院もありますが、みなさん使いこなせていません。せっかく高い費用で寺院管理ソフト(檀家管理ソフト・過去帳管理ソフト)を購入したのに全く動かせていないのが現実です。それは、実際の寺院運営に不必要なもの、入力に手間取るもの、直感操作ができないということからです。これでは意味がありません。

また、寺院管理ソフト、檀家名簿ソフト、過去帳管理ソフトはパソコンにダウンロードしてご利用になるかと思いますが、いちいちパソコンを開かねば利用できない、スマートフォンで利用できない、外出先には重いPCを持ち運ばねばならない、外出先に寺院データを持ち出すことは危険、つまり面倒なことが多すぎるのです。その部分を簡単にしたものが、「クラウド型」なのです。 お寺まもる君は、クラウド型檀家総合管理システムです。とにかく、寺院のデータ、つまり檀家名簿・過去帳戒名情報一式・布施管理などもすべて一体化することにより、利便性を高めたものが、「お寺まもる君」となります。

まだ紙媒体で管理している寺院であれば、今からでも遅くありません、万が一に備え、寺院情報の保護対策をおすすめ致します。また既にエクセルなどで管理している寺院でも、そのデータを簡単に落とし込むことも可能です。今一度、貴寺での、寺院情報、個人情報の管理方法をお考え頂き、早目の対策を講じて頂くことをご提案致します。檀家名簿流失、過去帳の流出紛失は一大事です。今後の寺院運営にも間違いなく影響することですので真剣にお考えください。

新時代の寺院データ管理方法、クラウド型檀家名簿過去帳管理システム。寺院過去帳管理ソフトの時代は終わりました。 寺院管理ソフトの時代は終了です、これからの時代はクラウド型寺院管理システムです

檀家管理、過去帳管理システム1日あたり327円です


「お寺まもる君」は、檀家の情報を全て管理可能です。
  • 檀家名簿管理
  • 施主、家族情報管理
  • 各家注釈(コメント)管理
  • 過去帳(戒名、法号、法名)管理
  • 回忌別管理
  • 新寂帳管理
  • 回忌実行管理
  • 布施管理
  • これからの回忌情報管理
  • その他オプションカスタマイズ可

  • →お寺まもる君運用案内
    メールでお問合せ

    お寺まもる君-menu

    ^